作り置きのド定番。弁当男子必須の『塩ゆでブロッコリー』は、節約と彩り効果もバツグン!

ブロッコリーの塩茹で

弁当や朝晩のご飯にも。作り置き・常備菜のレギュラーメンバーです。栄養もありますし、お弁当の彩りにもなるので弁当男子的にはぜひ覚えておきたいメニューです。「ひとこと」で後述しますが、弁当以外にもアレンジしやすく非常にポテンシャルの高いレシピです(笑)

調理時間:10分〜15分
保存:冷蔵3日 冷凍2週間程度
大体の価格:210円 小房1個17円

材料:(3〜4食分)

  • ブロッコリー …1個
  • 塩 …小さじ1/2

作り方

  1. ブロッコリーは小房に切ります。下の茎の部分も茹でれば美味しくいただけるので、皮を厚めにむいて、大きさを揃えて切ります。
  2. 塩を加えた熱湯に小房を全て入れ、再び沸騰したら2分〜3分ほど茹でてざるに上げて水を切ります。
  3. 冷めたら常備菜用の容器に入れて保存したり、マヨネーズをかけていただいちゃいましょう!

ひとこと

初心者ならなんとなく難しそうに感じるブロッコリーの切り方も、一度覚えれば恐れるに足らず。
本来の味を活かした薄味なので、他の料理の味を邪魔しません。副菜として、お弁当の彩り要員として、はたまた薄切りにしてやれば卵焼きの具に使えたりと、なんともポテンシャルを秘めた一品です。

作り置きのド定番。弁当男子必須の塩ゆでブロッコリー

この記事をシェアする