弁当作りに欠かせない!基本の卵焼き(だし巻き卵)の作り方

弁当男子は覚えたい、基本の卵焼き(だし巻き卵)の作り方

弁当を彩るレギュラーメンバーの卵焼き。いくつかのポイントを押さえれば結構カンタンに作れます。ぜひマスターしたいですね。

調理時間:15分程度
保存:冷蔵2日
大体の価格: 50円 1食25円

材料:2〜3食分

  • 卵 …2個
  • きざみブロッコリー …お好みで、1房程度を細かく刻む
  • ◎だし …大さじ2
  • ◎砂糖 …小さじ2
  • ◎塩、しょうゆ …各少々
  • サラダ油 …適量

作り方

  1. 卵を器に割り、卵液に箸を立てて前後させます。泡立てないように気をつけます。◎を加えてよく混ぜ合わせます。
  2. 卵焼き器を中火で温め、薄く油を引きます。
  3. 卵液は3回程度に分けて巻いていきます(ここが重要です!)。まず1/3の卵液を卵焼き器に流し入れ広げます。固まってきたら、奥側から手前に3〜4回折り込みます。
  4. 空いたところに油を塗り、手前にある卵焼きを、再度奥に移動します。手前にも油を塗ります。
  5. 残りの半分の量を流して広げます。卵を持ち上げて下にも卵液が広がるようにします。かたまってきたら、再度折り込みます。4、5の工程を繰り返して完成です。

ひとこと

ポイントは卵を3回程度に分けて広げて丸めていくことです。また、面倒でも油を毎回ちゃんと塗ることで、焦げ付きなどの失敗を回避できます。卵2個をダメにする精神的ダメージは地味に大きいので(←toshiは油を塗る手間をショートカットして横着したら、悲惨な目に合いました^^:;)、初めは特に基本に忠実に作りましょう。笑

今回は作り置きしておいたブロッコリーを細かく刻んで入れましたが、お好みでどうぞ。

何も入れなくても十分美味しいですし、ひじきや鶏そぼろ等に置き変えても良いと思います。

弁当男子は覚えたい、基本の卵焼き(だし巻き卵)の作り方

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

『頑張らない弁当男子』toshiです。デザインのお仕事をしながら、弁当や料理作りを楽しんでいます。好きなモノ・コト/デザイン、料理、絵、楽器、読書、漫画、ファッション、寝る。