弁当の安全な詰め方、基本をおさらい。梅雨や夏場でも痛みにくく腐りにくい、安全な弁当のために。

弁当の安全な詰め方。梅雨や夏場でも痛みにくく腐りにくい快適弁当ライフを。

まだ肌寒い中にも、少しずつ春めいてきて、日中はあたたかくなってきましたね。弁当に最適な季節の到来ですが、あたたかくなってくると避けては通れないのが弁当の安全性。

食材を温かいまま弁当箱に詰めると、熱と湯気が密封されてご飯がいたみやすく雑菌が繁殖しやすい状態になり、食中毒の原因になります。

自分でも再確認の意味を込めて、弁当の安全な詰め方をおさらいしてみました。

再加熱して冷ます。冷めてから詰める。

これが極意というか、原則といえるでしょう。30度〜40度ぐらいが一番雑菌が繁殖しやすいので、ご飯やおかずは再加熱して雑菌を死滅させます。(75度以上が目安と言われています)。

前日の冷蔵庫の作り置きも、基本的には雑菌が少しずつ繁殖しているため、できるだけ再加熱します。

中途半端な再加熱はかえって雑菌の繁殖を助長する恐れがあるので、中の方まできちんと再加熱するようにします。その後バットの上などで確実に冷まします。

弁当箱に詰める際には手をよく洗い、さらに箸を使うなど手で直接食材に触れないようにします。

ご飯を冷まします

弁当の安全な詰め方。梅雨や夏場でも痛みにくく腐りにくい快適弁当ライフを。
熱いご飯は一度バットに広げ、十分に冷まします。中央をドーナツ状にあけてあげると冷めやすいです。バットの下に保冷剤を置くのもいいです。

おかずを冷まします

弁当の安全な詰め方。梅雨や夏場でも痛みにくく腐りにくい快適弁当ライフを。
おかずはフライパンの上に乗せたままにせず、同様にバットに置いて冷まします。汁気がある和え物などはクッキングシートやキッチンペーパーの上に置いて汁気を取り除きます。

そうも言ってられないときは

理想はごはん、おかずともバットなどでしっかり冷まして同じ温度にしてから詰めることですが、忙しい朝、なかなか毎日そうも言ってられないときもあると思います。

弁当の安全な詰め方。梅雨や夏場でも痛みにくく腐りにくい快適弁当ライフを。
そんなときは、こんな感じに詰めた後の弁当箱の下に保冷剤を置いて冷やします。

しっかり冷えたら蓋をして、さらに保冷バッグの中に保冷剤と一緒に入れて持ち歩くと一層安心です。

まとめ

しっかり熱して、しっかり冷やしましょう。せっかくの弁当生活も、食中毒でダウンしてしまっては元も子もありません。

バットが難しければ、保冷剤を下に敷いて冷ますだけでも安全性はぐっと高まります^^

弁当の安全な詰め方。梅雨や夏場でも痛みにくく腐りにくい快適弁当ライフを。

この記事をシェアする