栄養たっぷり『簡単、彩りゴーヤチャンプルー』。苦味を取って食べやすく、弁当のおかず・作り置きにも。

栄養たっぷり『簡単ゴーヤチャンプルー』。苦味を取って食べやすく、弁当のおかず・作り置きにも。

夏に食べたくなるゴーヤを使った定番レシピ『ゴーヤチャンプルー』。

苦味を抜いて食べやすくすれば、晩ごはんで作って、翌日の弁当のおかず・作り置きにも活躍します。

もちろん、苦味が気にならない場合はゴーヤの塩もみの工程は省略してもOKです。

人参とゴーヤの彩りも良く、食欲をそそりますよ^^

調理時間: 25分程度
保存:冷蔵2日
大体の価格: 545円 1食182円

材料:3〜4食分

  • ゴーヤ …1本
  • 豚バラ肉 … 80g
  • 木綿豆腐 …1丁
  • 人参 …1/3本
  • もやし …1/2袋
  • 卵 …2個
  • 醤油 …適量
  • 顆粒だし …小さじ2
  • 塩コショウ …少々

作り方

  1. ゴーヤを縦半分に切り、わたを抜いて3〜5mmの薄切りにします。ボウルに入れ、塩(分量外)で揉んで10分ほど置き、水で流します。この工程で苦味を取り除きます。
  2. 木綿豆腐はサイズを揃え、一口大に切ります。人参は千切りにします。もやしは水洗いしたら、水気をよく切ります。
  3. フライパンにサラダ油をひいて、卵を炒り卵にして別の皿に移しておきます。
  4. フライパンに必要に応じてサラダ油を足し、ゴーヤと人参を入れ、少ししんなりするまで炒めます。
  5. 豚バラ肉を入れて火が通ったのを確認したら、もやしと木綿豆腐を入れて炒めます。
  6. 3の炒り卵を入れて軽く混ぜます。味をみながら、塩コショウと顆粒だしで整えたら完成です。お好みでかつお節をまぶしても美味しいです。

ひとこと

ゴーヤの苦味がどうしても苦手な場合は、より薄切り(3mm以下)にして、熱湯で3分程度茹でて水を切ると、苦味を抜くことができます。

逆に厚くすれば(5mm〜)そのぶん苦味も強くなるので、お好みで調整してみてくださいね。

レシピ
recipe image
料理名
簡単、彩りゴーヤチャンプルー
執筆者
投稿者
調理時間
栄養たっぷり『簡単ゴーヤチャンプルー』。苦味を取って食べやすく、弁当のおかず・作り置きにも。

この記事をシェアする