『銀杏のオリーブオイル炒め』はフライパンで出来る、ぎんなんの簡単作り置き洋風レシピ。

ginkgo-fried-in-olive-oil

子供の頃はそんなに好きじゃないのに、大人になって急に食べたくなる銀杏。

そんな銀杏を使ってフライパンで簡単にできる、弁当のちょい足し&おつまみにぴったりの洋風レシピです。

toshi
オリーブオイルと粉チーズが銀杏によく合います♪

調理時間:15分程度
保存:冷蔵3〜4日
大体の価格: 196円 食98円

材料:2〜3食分

  • 銀杏 …30〜40個
  • オリーブオイル …小さじ1と1/2
  • 塩、こしょう …少々
  • 粉チーズ …適量

作り方

  1. 銀杏をペンチなどで軽く割ります。殻の筋と筋をはさむようにしてやると、割りやすいです。
  2. 紙袋に銀杏を入れ、600Wで 1分加熱します。取り出したら、熱いうちに殻と中の薄皮を剥きます。
    ginkgo-fried-in-olive-oil

    レンジで加熱後、殻と薄皮を全て取り除きます。

    ※銀杏によっては初めからレンジできる密閉された袋に入っている場合もありますので、その際は袋の説明にしたがいます。レンジ加熱の後にペンチなどで割り、薄皮を取り除きます。
  3. フライパンにオリーブオイルを熱し、銀杏を軽く炒めます。塩こしょうをかけ、最後火を止める直前に粉チーズをまぶして完成です。

ひとこと

銀杏といえば、茶碗蒸しなどの和食のレシピに使われるイメージですが、洋風にしても美味しいですね^ ^

晩ごはんやおつまみに作って、翌朝弁当に入れて持って行くと、作りやすく消費しやすいでしょう。

レシピ
recipe image
料理名
銀杏のオリーブオイル炒め
執筆者
投稿者
調理時間

ginkgo-fried-in-olive-oil

この記事をシェアする